日記に今何が起こっているのか
ホーム > 現金化 > クレジットカードの現金化はキャッシングとどこが違うのか

クレジットカードの現金化はキャッシングとどこが違うのか

初めてクレジットカードの現金化という言葉をきいたときは、クレジットカードを売るのかと思いました。 

そんな人は少なくないんじゃないでしょうか。

それって、犯罪じゃないの?とか思いませんでしたか?

そんなうっかりさんでなくても、カードを使うんだからキャッシングのことだろうと思った人も多いことでしょう。

では、クレジットカードの現金化とキャッシングとはどこが違うのでしょうか。

 

まず、だれでも知っているキャッシングは、金銭消費貸借契約にもとづいて行われるお金の貸し借りのことです。一般的には、借りることを指して使う言葉ですね。

キャッシングには利息がかかります。

この利息は利息制限法という法律で上限が決まっています。

この上限を超えていた部分について過払い請求が盛んに行われていることは知っている人もいますよね。

 

クレジットカードでのキャッシングは、全国にあるATMなどの機械操作で現金を引き出す方法が最も一般的でしょう。

 

一方、カードの現金化とはクレジットカードのショッピング枠をお金に換えることです。

割賦販売を利用して買い物をするための枠ですから、そのままではお金になりません。

そこで、買ったものを買い取る業者や、買った特典としてキャッシュバックする業者が介在するわけです。

もちろん、割賦販売の利用ですからカード会社に手数料を支払う必要があります。

と同時に、業者の儲けも入ってきますので、キャッシングよりも割高な手段であるといえます。

しかし、急場をしのぐ手段として広く行われています。

クレジットカードを現金に換金するための方法